ガチギレMみー様

絵を描いたり料理したりゲームしたりDVD観たり出掛けたり猫をつついたりしてる人のブログ。

Zネーションとウォーキングデッド


Zネーション4話までをずっとループしてる。早くTSUTAYAに行きたい。


派手な音楽を大音量で流してゾンビを引き付けるシーンは燃えるなぁ……ウォーキング・デッドではメルルが捨て身の攻撃としてやっていたので悲壮感があったけど、Zネーションではひたすら派手でかっこいい。「どうせ死ぬならカッコ良く決める」←言ってみたい。


ギャグ寄りなんだけど寄りすぎない、ウォーキング・デッドゾンビランドの間くらいのノリで楽しい。ロメロの名前が出たときはちょっとにやっとしてしまった(´- `*)


主人公の仲間の一人、ドクっていうお爺ちゃんが元気なクソジジイでめっちゃ笑える。どんな時も茶目っ気しか発揮してない。至近距離のゾンビに向かってデタラメな念仏を唱えたり、大事な通信中にカメラに向かってドライブスルーの真似事をしたり。お気に入りのキャラです。


Zネーションの登場人物は、抗体持ちの人間を研究所まで運ぶ、という目的を持って動いてる辺り救いがある。
最近ファンの間でウォーキング・デッド離れが始まってると聞いたけど、その理由はマンネリにあるんだって。確かにウォーキング・デッドは、登場人物が目の前の敵をひたすら倒し必死に生きているだけの内容だもんね。


でもその希望の無さが私は凄く好きなのだ。安全な場所を見付けても長くは居られず、ゾンビや人と戦いながらさ迷うことしか出来ない現実がリックを変えてきたわけだし。
ここでワクチンだの都合の良いものが出てきたら逆に萎える……ウォーキング・デッドのキャラ達はめちゃ好きだけど、何なら全滅endだっていいと思っている。これからも俺達は戦い続けるendでもいい。28日後のラストみたく爽やかな感じがいいな。


とか語ると面倒くさいファンみたいだけど、どんなラストになったとしても「これはこれで」と言える気もする。