ガチギレMみー様

絵を描いたり料理したりゲームしたりDVD観たり出掛けたり猫をつついたりしてる人のブログ。

ゾンビランド


ゾンビランド、という映画のDVDをみたよ。タイトルを見てたぶんコレつまんないだろうなと決め付けてたけど、そんなことは全然なかった。アメリカではかなり人気の映画だそうです。なるほど。○○ゾンビランド、みたいな似たタイトルの映画があるから少し紛らわしい。


すごく面白くて3回見た。ヘタレな主人公のモノローグで、ゆるく軽やかに物語が進んでいく感じが好き。そのノリと対照的にゾンビ描写はけっこう本気。安っぽくない、怖い。


オープニングでは世界のあらゆる場所であらゆる人が、あらゆる状況でゾンビに遭遇している様がスローで流れ続ける。本当に色んなシーンがあって(結婚式、運動会?など色々)面白い。


ヘタレ童貞主人公はゾンビ世界を一人きりで、自分ルールを厳守して生きてる。ルールの一つ一つを丁寧に教えてくれるんだけど、それを見て「痩せなきゃ……」と思いました(・_・)


そのあとムキムキ強面男や、可愛いヒロインと出逢うのね。だんだん絆を深めていって家族になるっていう王道ストーリー。王道、いいね。
個人的に好きだったのはムキムキ強面男。ゾンビを蹴散らしながら、必死にトゥインキー(ふわふわしたクリームたっぷりのお菓子)を探すっていう、バカバカしさが可愛い。


ノリは完璧にコメディでも、家族のことを考えて泣くシーンや生き延びるために相手を裏切るシーンはある。辛いからこそ小さいことを楽しんで、あえてゆるいノリで生きているのさって感じもする。それでも雑貨屋らしき店をぶっ壊したり、有名人の家に入り込んだり、終末を全力で楽しんでて羨ましくなるな~。


小心者が銃でゾンビ世界を生き抜いている姿を見て、鈴木英雄を思い出した。こういうキャラ好きなんだよ。
英雄と違うのは、ゾンビランドの主人公は世界が変わって自分も変わったこと。映画の最後で、生き残るために決めたルールのひとつ、「英雄になるな」を破りにいってるからね。だから爽やかなエンディングだった。ラジオのMC風にモノローグを締めるところが可愛い。


続編が作られてるそうなので、日本で公開されたらいいなぁ(´- `*)