ガチギレMみー様

毎日飼い猫に襲われながら必死に生きる豚のブログ。

味覚が覚醒する時とゾンビの在り方と引き際の見極め


子供の頃、よく自販機でオレンジジュースを買って飲んでた。果汁0~3%とかの安いやつ。その頃妹は果汁100%の良さを既に知っていて、無果汁ジュースは飲めないとガキのくせにほざいてた。


たまに妹から100%オレンジジュースをわけてもらっていたけど、酸っぱいしどこがおいしいのかわかんねー、などと思ってた。


10代半ば頃に唐突に気付いた。自販機に行くのが面倒で、妹のオレンジジュースを勝手に飲んだ時。急においしく感じて、わざわざ自販機まで行って無果汁ジュースを買い飲み比べた。


無果汁ってただの砂糖液じゃん、と気付いた時の衝撃は大きかった。


ミートソースも同じ。母はケチャップとコンソメで味を付けていたから、それが当たり前だと思ってた。大人になり、塩で味付けするレシピを見てもイヤイヤないでしょって感じで。


この間、料理が得意じゃない夫くんに「ラザニア食べたい」と無茶振りしたら作ってくれたんだけど、そのレシピを見たらミートソースの味付けが塩コショウ。ケチャップは?と思ったけどせっかく作ってくれてるから口出しはしないでおこうと思った。


出来上がったものを食べて、あまりのおいしさにほっぺが四方八方へ飛び散った。ケチャップなんていらなかったんや、お母さん。しかし夫はケチャップ入りの方がいいとしょんぼりしてた。


この先も歳をとるごとに味覚が変わるだろうけど、ジンジャーエールを好きになることは絶対ない。はず、たぶん。








次、ゾンビの話。


作品によってゾンビの在り方ってだいぶ違うよね。


アイアムアヒーローのゾンビは肉体を最大限使って追いかけてくるのが怖かった。お婆さんゾンビもなかなかの速さで走るし、もともと走ったり跳んだりするのが得意な人がゾンビになると強敵。高跳び選手のゾンビはショッピングモールの屋上まで跳んでた。


アイ・アム・レジェンドのゾンビは群れを率いるリーダーがいたりして、それはそれで違う怖さがある。でもあの映画は、わんこが可哀想で悲しくなる部分が大きい(´;_;`)


食欲に突き動かされるだけの動きの遅いゾンビが、やっぱり一番好きだなぁと。一人一人は弱いけど、群れになって迫ってくると驚異というやつ。


ウォーキングデッドで、人の隠れ家にゾンビの群れが押し寄せる様を上空から撮ってるシーンがあるんだけど、何千人ものゾンビが同じ方向へ進む姿が虫みたいで気持ちが悪い。ぞっとする。好きです。








次。引き際の話。何の引き際かっていうと、ガチャの話。


奏さんが欲し過ぎて貯めてたジュエルを少し使ってしまった……のだけど、出ませんでした。


涼さんとゆかりが来てくれました。
f:id:poipoi48:20171105121810p:plain
f:id:poipoi48:20171105121826p:plain


なかなか良い引きだなぁと思うと同時に、たぶんこれ以上は出ないと感じて撤退。欲しかったよ奏さん。